出会い目的だと思われたら敬遠されるかも

- 出会い目的だと思われたら敬遠されるかも

出会い目的だと思われたら敬遠されるかも

時には目的を隠す

SNSのアカウントを取得したばかりの人が見境なく女の子たちに声を掛けているようでは、ただのネットナンパということになってしまいます。

女の子たちが一番嫌う男というのは、誰でもいいと思っている人間らしいので、そんな風に思われてしまっては出会うどころの話ではなくなってしまうでしょう。

出会い系サイトならば、相手の女の子たちもそれなりに出会いを求めているのだと言えますが、SNSでは誰もがそういうわけではありません。

むしろ、普通のSNSで出会いを求めている女性というのは少ないかもしれませんので、出会い目的だと悟られてしまうのは良いことではないでしょう。

なにこの人・・・。こういう人は出会い系サイトを利用すればいいんじゃないかな・・・。と思われたら一巻の終わりということを認識しておいてください。


女の子ばかりと関わらない

彼女が欲しくてSNSを利用していると同じ趣味の女の子とばかり絡んでしまいがちですが、これでは警戒されるばかりになってしまいます。

時には趣味が同じ男性ともネット上で雑談に興じることによって、この人は出会い目的ではないようだな・・・。と思って貰えることになるのです。

目的を隠すなんてことをしていたら、いつまで経っても彼女なんてできないよ!と思われるかもしれませんが、目的遂行の為には偽ることも必要になるでしょう。

既に出来上がっているコミュニティの中に一人だけ出会い目的の人間がいたら空気も悪くなりますし、最悪の場合皆が新しい場所へと移動してしまうことも考えられます。

たとえネット上のグループだとしても周りの人たちから信頼を得なければ、出会い系サイトの代わりとしてSNSを利用することは難しいことになってしまうでしょう。

チェックは怠らずに

自分が目を付けていた女の子が、知らない男性からアプローチを受けているところを目撃したら相当焦ってしまうことになるかもしれません。

しかし、自分の彼女が男にちょっかいを出されているわけではないのですから、妨害してしまうとおかしい人だと皆から思われてしまいます。

もしも、女の子の心が傾きそうになっていると感じたのならば、新たに魅力的な提案をすることで、その子の気持ちを自分の方へと振り向けさせることにしましょう。

関連記事:

  ← 前の記事: